2015/03/06 (金)

2015-03-06:rbenv install 2.2.0 コンパイルエラー

CentOS5.8(32bit)なマシンに ruby 環境を、と rbenv で 2.2.0 を用意しようとして、コンパイルエラーを喰らった。
ログには

vm_exec.c: In function ‘vm_exec_core’:
vm_exec.c:127: error: unable to find a register to spill in class ‘SIREG’
vm_exec.c:127: error: this is the insn:
(insn:HI 8524 8522 8525 1038 vm.c:644 (parallel [
            (set (reg:SI 2 cx [2550])
                (const_int 0 [0x0]))
            (set (reg/f:SI 2547 [ proc ])
                (plus:SI (ashift:SI (reg:SI 2 cx [2549])
                        (const_int 2 [0x2]))
                    (reg:SI 5 di [orig:1030 D.47295 ] [1030])))
            (set (reg/f:SI 2548 [ block ])
                (plus:SI (ashift:SI (reg:SI 2 cx [2549])
                        (const_int 2 [0x2]))
                    (reg/v/f:SI 1033 [ blockptr ])))
            (set (mem/s:BLK (reg:SI 5 di [orig:1030 D.47295 ] [1030]) [13 .block+0 S20 A32])
                (mem/s:BLK (reg/v/f:SI 1033 [ blockptr ]) [13 S20 A32]))
            (use (reg:SI 2 cx [2549]))
            (use (reg:SI 19 dirflag))
        ]) 528 {*rep_movsi} (insn_list:REG_DEP_TRUE 8516 (insn_list:REG_DEP_TRUE 8521 (insn_list:REG_DEP_TRUE 8522 (nil))))

といったものが。
“error: unable to find a register to spill in class ‘SIREG’”でググると、違いファイルのエラーだけど先人が質問してて、それに matz が答えているのを発見。

Compile error for HEAD
https://www.ruby-forum.com/topic/127124

曰く、

I think we hit the GCC bug. akr said he would file this to gcc list.
For the time being, turn off optimizer by removing -O2 option from
Makefile.

とのことで、たしかに

# CFLAGS="-O0" rbenv install 2.2.0

これでコンパイルは通った。

しかし、上の記事、日付見ると2007年だぞ。なんでいまさらこんなのにひっかかるんだ。。。

comment

2015/03/02 (月)

2015-03-02:ドコモメールを Wanderlust から読む

FOMA 契約だった Xperia ray の SIM を Xi 契約の nano-SIM に変更できたので、その SIM を micro-SIM サイズにするアタッチメントに付けたうえで手持ちの Xperia SX に入れて、ドコモメールが使えるようにdメニューからほげほげして手続き。
無事にブラウザからでも xxxxx@docomo.ne.jp 宛てのメールが見れるようになった!

せっかくここまできたのだから、普段遣いのメーラーでも見れるようにしよう。
というわけで、Wanderlust の設定。
サーバとかは Thunderbird 用の説明 PDF があったので、これを参考に。

自分の ~/.folders は自前の IMAP サーバ利用の上に gmail も追加している設定がすでにあるので、そこにさらにドコモメールを足す感じ。

%inbox  "受信箱"
%inbox.private "私書箱"
...
...
...
gmail {
    %INBOX:"kajiwataru@gmail.com"/clear@imap.gmail.com:993! "kajiwataru@gmail.com"
}
docomo {
    %INBOX:"090xxxxxxxx"/clear@imap.spmode.ne.jp:993! "xxxx@docomo.ne.jp"
}

最後の3行が今回の追加。
090xxxxxxxx は docomoID。
これで wanderlust を起動して imap.spmode.ne.jp につなぎにいくと、パスワードを聞かれるので docomoID のパスワードを答えよう。

すんなり設定できた。

comment

2015/02/18 (水)

2015-02-18:dhcpd.conf の match if それ以外

以前、NIC のベンダーコードを判別して配るアドレスのレンジを変える dhcpd.conf の話を書いた。
そのときはベンダーAはあっち、ベンダーBはこっちというニーズだったので、

    class "group1" {
        match if substring (hardware,1,3) = 00:12:34;
    }
    class "group2" {
        match if substring (hardware,1,3) = aa:bb:cc;
    }

といった dhcpd.conf だったのだけど、ここに「それ以外はこちらへ」を追加する必要が出たのでちょっと調べもの。
結論としては

    class "group1" {
        match if substring (hardware,1,3) = 00:12:34;
    }
    class "group2" {
        match if substring (hardware,1,3) = aa:bb:cc;
    }
    class "other" {
        match if ((substring (hardware,1,3) != 00:12:34)
                  and
                  (substring (hardware,1,3) != aa:bb:cc));
    }

これでいけた。

comment

2015/02/04 (水)

2015-02-04:Gmailの自動振り分け

ついついやり方というか、考え方を忘れるので備忘メモ。
Gmail はフォルダに分けてメールを保存するというより、各メールにラベルをつけていって、それを検索キーにして表示する仕組み。
なので、手順としては「ラベルを作る」→「検索フィルタを作って、マッチしたらラベルをつける」という設定。

ラベルはページ左の列に「新しいラベルを作成」がいる。はずなんだけど、いなかったら「開く▼」とかを押してみたりしよう。
検索フィルタはページ上部の検索窓の▼を押すと細かいの検索条件を入れるのが出てくるので、From,To,Subject 等の条件を入れて、右下の「この検索条件でフィルタを作成」。
いくつかなにをするかの選択しがあるので、「ラベルを付ける」にチェックを入れて、先程作ったラベルを指定する。「受信トレイをスキップ (アーカイブする)」にもチェックを入れておこう(意味は後述)。
最後に「フィルタを作成」ボタンをポチっ。

フィルタは作ったけど、これ、「これから届くメールについて適用」されるもの。
フィルタを作る前のメールは受信トレイに入ったままだ。
ただ、これも Gmail 的にはトレイに「入っている」というより、「受信トレイラベルがついたメール」という扱い。
でもって、この受信トレイラベルをはずすことを Gmail 的には「アーカイブする」と言う。
ので、新しいラベルをつけたあとで、当該メールたちにチェックを入れたうえで「アーカイブするボタン」(ページ上部にある)を押せばいい。

comment

2015/01/20 (火)

2015-01-20:sudo での PATH の引き継ぎ

sudo 使って Root 権限でコマンド実行するときの、PATH が実行者のアカウントのものを引き継いでほしいなぁ、というニーズ。
/etc/sudoers に書かれていない secure_path が悪さしてたようで、うまくいくようになるのに時間を取られてしまった。

$ sudo visudo
.....
.....
Defaults    env_keep += "PATH"
Defaults    !secure_path
....

これでうまくいった。

comment

2015/01/15 (木)

2015-01-15:Wanderlust からの gmail 送信

いつからか自分の手元の設定で wanderlust から smtp.google.com を使ってのメール送信ができなくなってて、緊急避難的にオレオレ smtp から詐称して送信してたりしたんだけど、spam 扱いされたりするしやっぱりちゃんと設定しようと見直し。

もともとの設定はこちら

(wl-message-id-domain . "kajiwataru.gmail.com")
(wl-draft-send-mail-function . 'wl-draft-send-mail-with-smtp)
(wl-smtp-posting-server . "smtp.gmail.com")
(wl-smtp-posting-port . "465")
(wl-smtp-posting-user . "kajiwataru@gmail.com")
(wl-smtp-authenticate-type . "login")
(wl-smtp-connection-type . "ssl")

465 ポートじゃだめらしい。
ぐぐったりして調べて、posting-server 以下を変更。

(wl-smtp-posting-server . "smtp.gmail.com")
(wl-smtp-posting-port . "587")
(wl-smtp-posting-user . "kajiwataru@gmail.com")
(wl-smtp-authenticate-type . "plain")
(wl-smtp-connection-type . 'starttls)

ただ、手元の環境に gnutls が入ってなくて、

byte-code: Searching for program: そのようなファイルやディレクトリはありません, gnutls-cli

とオコラレタ。ツールをちゃんとインストールしましょう。

sudo apt-get install gnutls-utils

これで送信できるようになった。

comment

2014/11/19 (水)

2014-11-19:Bluetooth トラブル?

普段遣いの Vaio Pro11(Windows8.1) で更新のお知らせが来てたので、Windows Update 実行。
で、再起動してしばらく使ってたら、Bluetooth マウスとの接続が不安定に。
おかしいなと、も一度再起動かけたら、今度はぜんぜんつながらなくなった。
よく見るとタスクバーに B のマークがない。

なんだなんだ、といろいろ見てみたら、デバイスマネージャーにて IWD Bus Enumerator なるものに警告マークがついているのを見つける。
ググると、よく知られた障害のよう。
cmd.exe を管理は権限で実行して、C:\windows\system32\ 以下で

C:\WINDOWS\system32>IntelWiDiVAD64.exe /install

とやるといいらしい。
でもって、上記実行して再起動かけたところ、無事にタスクバーに B マーク復活。

ただ、Intel WiDi ってディスプレイをワイヤレスで、とかのよね。
Bluetooth 関係ない、はず、と思うんだけどなぁ。。。

comment

2014/10/15 (水)

2014-10-15:postfix メール配送トラブル

いきなりメールが送れなくなって苦労。
自分の送信したメールが、

To: undisclosed-recipients:;
From: kajiwataru@youreducation.jp
X-Amavis-Alert: BAD HEADER SECTION, MIME error: error: unexpected end of header
Message-Id: <20141014124554.D355A151C082@wineroses.org>
Date: Tue, 14 Oct 2014 21:45:54 +0900 (JST)

みたいなヘッダ、そして本文なし。
Amavis が警告出してるなぁ。
サーバのログを見に行くと、

Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1403]: connect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1403]: 9648B151C06D: client=localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/cleanup[1406]: 9648B151C06D: message-id=<m38uki6cqb.wl%kajiwataru@youreducation.jp>
Oct 14 21:45:54 postfix/qmgr[2145]: 9648B151C06D: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=879, nrcpt=2 (queue active)
Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1403]: disconnect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/pipe[1407]: 9648B151C06D: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=filter, delay=0.27, delays=0.14/0/0/0.13, dsn=2.0.0, status=sent (delivered via filter service)
Oct 14 21:45:54 postfix/qmgr[2145]: 9648B151C06D: removed
Oct 14 21:45:54 postfix/pickup[32657]: D355A151C082: uid=115 from=<kajiwataru@youreducation.jp>
Oct 14 21:45:54 postfix/cleanup[1406]: D355A151C082: message-id=<20141014124554.D355A151C082@wineroses.org>
Oct 14 21:45:54 postfix/qmgr[2145]: D355A151C082: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=295, nrcpt=2 (queue active)
Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1414]: connect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1414]: E8DBD151C06D: client=localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/cleanup[1406]: E8DBD151C06D: message-id=<20141014124554.D355A151C082@wineroses.org>
Oct 14 21:45:54 postfix/smtpd[1414]: disconnect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 21:45:54 postfix/qmgr[2145]: E8DBD151C06D: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=724, nrcpt=2 (queue active)
Oct 14 21:45:54 amavis[17082]: (17082-19) Passed BAD-HEADER, <kajiwataru@youreducation.jp> -> <kajiwataru@gmail.com>, quarantine: J/badh-Jfg4DY9oumy3, Message-ID: <20141014124554.D355A151C082@wineroses.org>, mail_id: Jfg4DY9oumy3, Hits: -, size: 295, queued_as: E8DBD151C06D, 82 ms
Oct 14 21:45:54 postfix/smtp[1413]: D355A151C082: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=localhost[127.0.0.1]:10024, delay=0.22, delays=0.13/0/0/0.08, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 Ok, id=17082-19, from MTA([127.0.0.1]:10025): 250 2.0.0 Ok: queued as E8DBD151C06D)
Oct 14 21:45:54 postfix/qmgr[2145]: D355A151C082: removed
Oct 14 21:45:58 postfix/smtp[1413]: E8DBD151C06D: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=gmail-smtp-in.l.google.com[74.125.25.26]:25, delay=3.3, delays=0/0.01/1.3/2, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 OK 1413290758 a5si12788834pdi.224 - gsmtp)
Oct 14 21:45:58 postfix/qmgr[2145]: E8DBD151C06D: removed

たしかに、Amavis が「Passed BAD-HEADER」言ってる(上のログの16行目)。

ちょっとググって /etc/amavis/conf.d/ 以下を編集したりするも効果がない。
ええいメンドクサイと sudo /etc/init.d/amavis stop して、postfix の main.cf からフィルターを除いてみた。

To: undisclosed-recipients:;
From: kajiwataru@youreducation.jp
Message-Id: <20141014131942.08E9F151C086@wineroses.org>
Date: Tue, 14 Oct 2014 22:19:41 +0900 (JST)

うわっ、変わらねぇ。。。
サーバのログはというと、

Oct 14 22:19:41 postfix/smtpd[2863]: connect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 22:19:41 postfix/smtpd[2863]: 8118B151C06D: client=localhost[127.0.0.1]
Oct 14 22:19:41 postfix/cleanup[2867]: 8118B151C06D: message-id=<m338aq6b61.wl%kajiwataru@youreducation.jp>
Oct 14 22:19:41 postfix/qmgr[2846]: 8118B151C06D: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=883, nrcpt=2 (queue active)
Oct 14 22:19:41 postfix/smtpd[2863]: disconnect from localhost[127.0.0.1]
Oct 14 22:19:42 postfix/pickup[2845]: 08E9F151C086: uid=115 from=<kajiwataru@youreducation.jp>
Oct 14 22:19:42 postfix/pipe[2868]: 8118B151C06D: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=filter, delay=0.53, delays=0.43/0/0/0.1, dsn=2.0.0, status=sent (delivered via filter service)
Oct 14 22:19:42 postfix/qmgr[2846]: 8118B151C06D: removed
Oct 14 22:19:42 postfix/cleanup[2867]: 08E9F151C086: message-id=<20141014131942.08E9F151C086@wineroses.org>
Oct 14 22:19:42 postfix/qmgr[2846]: 08E9F151C086: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=295, nrcpt=2 (queue active)
Oct 14 22:19:43 postfix/smtp[2847]: 08E9F151C086: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=gmail-smtp-in.l.google.com[74.125.25.26]:25, delay=1.6, delays=0.16/0/0.92/0.57, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 OK 1413292783 jd12si13009371pbd.10 - gsmtp)
Oct 14 22:19:44 postfix/qmgr[2846]: 08E9F151C086: removed

Amavis まわりが抜けただけか。
よくよく見るに、メールを受けた postfix が Message-ID を youreducation.jp のものから、wineroses.org に書き換えた上で転送してて、でもその時点で size=295 と小さいので(10行目。最初は4行目の size=883)、削られまくったヘンなヘッダになってる?

悪いのは postfix そのもののよう。
けど、そもそもここの転送ってどこで指定されてるんだ?
/etc/postfix/main.cf ともろもろ格闘するも、なかなか解決せず。

。。。が、/etc/postfix/master.cf をディストリビューションのデフォルトに差し替えたらいきなり解決した。

Oct 15 10:49:19 postfix/smtpd[24904]: connect from localhost[127.0.0.1]
Oct 15 10:49:19 postfix/smtpd[24904]: 0E0D2151C085: client=localhost[127.0.0.1]
Oct 15 10:49:19 postfix/cleanup[24907]: 0E0D2151C085: message-id=<m34mv6xftv.wl%kajiwataru@youreducation.jp>
Oct 15 10:49:19 postfix/qmgr[24530]: 0E0D2151C085: from=<kajiwataru@youreducation.jp>, size=939, nrcpt=2 (queue active)
Oct 15 10:49:19 postfix/smtpd[24904]: disconnect from localhost[127.0.0.1]
Oct 15 10:49:23 postfix/smtp[24909]: 0E0D2151C085: to=<kajiwataru@gmail.com>, relay=gmail-smtp-in.l.google.com[74.125.129.26]:25, delay=4.4, delays=0.09/0/0.54/3.8, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 OK 1413337763 s9si14486573pdm.59 - gsmtp)
Oct 15 10:49:23 postfix/qmgr[24530]: 0E0D2151C085: removed

うーん、master.cf にヘンな記述をしちゃってたのか。
とりあえずは解決をみた(メールが送れるようになった)ので、深い追究は別の機会に。
一応、参照ドキュメントとしては↓んあるのかな

Postfix キューに入った後のコンテンツフィルタ
http://www.postfix-jp.info/trans-2.1/jhtml/FILTER_README.html

comment

2014/09/25 (木)

2014-09-25:AT&T SIM 購入

ダウンタウンの Pine street にある Pacific Place Mall というショッピングセンターへ。
ここの地下に AT&T がある。
店員さんに短期滞在旅行者向けの SIM が欲しい旨を伝え、Go Phone という SIM を購入。
500MB のデータ通信つきで $40。
10分ほどの手続きで完了。

comment

2014/09/04 (木)

2014-09-04:DNS設定のトラブル

仕事場のデスクトップPC(Windows7)でブラウザの表示がおかしくなっていた。
check_dns_settings
曰く、

DNSサーバの設定内容をご確認ください。

平成26年9月2日以降にインターネットにアクセスするためには、適切なDNSサーバの設定が必要となります。
現在ご利用のインターネットサービスプロバイダでは、設定されているDNSサーバをご利用頂く事は出来ません。
下記の接続情報よりご利用頂いているサービスプロバイダ情報をご確認頂き、ご契約のサービスプロバイダの
サポート窓口またはネットワーク管理者まで、DNSサーバ情報の設定変更の方法をお問い合わせください。

現在のお客様は xxxx.xxxxxxx.xxxx.ne.jp[xxx.xxx.xxx.xxx]
から接続されており、DNSサーバ情報の設定変更が必要です。

これが、Chrome, Firefox, IE と、どのブラウザでも表示される。
違うブラウザが同じことを言っているということは、このページ内容を出力しているのはブラウザじゃなさそうだな。ESET とかのセキュリティソフトが言ってる?

さておき、指示通りに DNS の設定をチェック。
[コントロールパネル]→[ネットワークと共有センター]→[アダプタの設定の変更]で、各アダプタの右クリックメニューからプロパティを選び、「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」のプロパティから、DNS の設定をいくつか試す。ネットワークアダプタを複数積んでるマシンなので、いろいろ試行錯誤。
結果、特定のダメな子が指定されていると上記ページになるっぽいことが判明。

ぐぐったところ、オープンリゾルバがどうこうってのを目にしたけど、ダメな子はそうなのかな。
自分の管理外サーバなので見にいけないのだけど、とりあえずは参照しにいかないようにしておいて、解決をみる。

ただ、だれが上記ページを出してるのかが分からないところがキモチ悪いなぁ。
ご存知の方、ご教示ください。

comment

2014/09/01 (月)

2014-09-01:VirtualBox で VT-x is disabled in the BIOS 言われる

Windows8 マシンの VirtualBox で、ひとからもらった ova をインポートして起動しようとしたら、

VT-x is disabled in the BIOS

というエラー。

ぐぐってみると二通りの対応があるようで、

  • 素直に BIOS で enable にする
  • VM 側でこの機能を使わないように設定する

前者の対応がまっとうだけど、Windows8 って BIOS セットアップ画面出すのがメンドクサイのよね。
UEFI Secure Boot のアレのおかげで。。。

Windows8 での BIOS セットアップの出し方。

  1. 画面右からスライドインするメニューの「設定」→下の方の「PC設定の変更」
  2. 左側のメニューの「全般」を選び、右を下の方にスクロールして「今すぐ再起動する」
  3. メニューが出てくるので「トラブルシューティング」
  4. 「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」
  5. Vaio の場合、このあと「Vaio Care」なるメニューで起動し、そこで「BIOS設定を起動」

BIOS セットアップが起動したら、Intel(R) Virtualization Technology の項目を Disabled から Enabled に。
DSC_5009

けど、やっぱりメンドクサイので、最初は VM の方の設定変更でお茶を濁したのでした。(^^;
(けっきょく記事書く用に写真撮りたくてやりはしたんだけど。。。

VM の設定変更は cmd.exe のコマンドラインから。

> cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox
> VBoxManage.exe list vms
"VMname1" {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
"VMname2" {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
> VBoxManage.exe modifyvm VMname2 --longmode off

VirtualBox のディレクトリに降りて、VBoxManage.exe で VM のリスト出して、目的の VM 名を調べ、設定を modifyvm する、という流れ。

起動できればいい、のであればこっちがラクチン。

comment

2014/08/23 (土)

2014-08-23:177777km!!!

DSC_4960昼のうちに明日の買い出しを、と車を出す。
上野松坂屋のパーキングに入れたところで、パチリ。
ついに、177,777km 到達!
よく走ってくれてます。ぜんぜん問題出てきません。
さすがはR32。

comment

2014/08/20 (水)

2014-08-20:ibus-daemon がちょいちょい落ちる

仕事場デスクトップマシンで ibus-daemon が気がつくと落ちてる、ということが最近になって頻発。
なんでだろ。
Emacs の下の行に

IBus: Agent was anexpectedly stopped. Turned off ibus-mode.

と出て気づく。
実際に ps で探しても ibus-daemon はいない。
とりあえず、

$ ibus-daemon -dxr

して、Emacs の方では

M-x ibus-mode-on

で復旧はするんだけど、、、毎度打つのがメンドクサイ。

# ibus-daemon のオプションは d はデーモン、x は XIM 受け付けるよ、r はもし既存のがいたとしても新しいので置き換えるよ、です。

comment

2014/08/18 (月)

2014-08-18:8/13のWindowsUpdateを削除する

どうやら 8/13 リリースの更新プログラムがしくじってたらしく、再起動できなくなるトラブルらしい。
ウワサによると、2回目の再起動でハマる?

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

とりあえず、Win8 機と Win7 機で下記のうち入ってものをプログラムの追加と削除からアンインストールし、\Windows\system32\FNTCACHE.DAT を削除してからそれぞれ再起動。
とりあえず、自分は被害ナシ。

  • 2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
  • 2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
  • 2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
  • 2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012
comment

2014/08/15 (金)

2014-08-15:右Ctrlが効かなくなるので調査

自宅でも仕事場でも、インプットデバイスは Vaio Pro のキーボードと、そこに Bluetooth 接続のマウスを使用。
仕事場の場合は、キーボード・マウスの共有ソフトの DOKODEMO を使用して、デスクに置いてあるマシンのモニタとあわせての作業環境にしてる。
DSC_4928
ちなみに、Vaio Pro は Windows8、デスクのマシンは Windows7。
いつからか、気が付くと共有先のデスクトップモニタ上で「右Ctrlが効かない!」という事象が出るようになった。
いつ発生するのか不明。原因も不明。VaioPro 側を再起動すると治ることもある?
しかも、どうも右Ctrlが効かなくなるのはデスクトップ上の Windows のアプリのみで、Xming 使ってリモートから飛ばしてきてる X のアプリでは右Ctrlがちゃんと効く。
謎。。。

よくわからんので、キーイベントを調べるところから始めよう。
Windows では X の xev みたいなのないかな、とググる。

Keymill
http://kts.sakaiweb.com/keymill.html

さくっとダウンロードしてきて、実行。
事象発生時にこのアプリで右Ctrlのイベントを見ると、VK_OEM_8 らしい。
なんだ、このキー。

とりいそぎ、対処療法としては、VK_OEM_8 を VK_RCONTROL とみなすようにキーマッピング系ツールで書き換えてしまえばいいのだろうか。
なんともキモチわるい事象だけど、対処できて自分のキー入力がストレスなくできるようになってくれれば、それで、いい。

comment