2013/11/01 (金)

2013-11-01:とてつもない amazon の kindle paperwhite 故障時の対応

ちょっと前のお話だけど。。。
ステマじゃないです。

使ってた kindle paperwhite が動かなくなってしまった。
画面まっさらで電源ボタン押しても反応せず、micro USB 端子に充電ケーブルをさしこんでも LED 点灯をしてくれない。
しょうがないので、カスタマーセンターにコンタクトをとった。
amazon のトップページ http://www.amazon.co.jp/ のページ下部に「カスタマーサービスに連絡」というリンクがあり、その先にもいっこ「カスタマーサービスに連絡」のリンクボタン。
問い合わせ内容を入力し、問い合わせ方法で電話を選択すると、次のページで自分の電話番号を入力するフォームがある。
携帯番号を入力して「今すぐ電話がほしい」をポチッ。

kindle_contact1kindle_contact2

すぐに amazon のスタッフから電話が着信。通話は日本語。
電話口で症状を伝え、しばらくお話したら「交換対応になります」となり、すぐさま交換品を送る手筈を整えてくれた。
手元にある動かない paperwhite は、交換品が届いてから着払いでカスタマーサービスに送ってください、と。

保証書がどうこうといった話は一切ナシ。
電話も向こうからかけてきて、その場で交換品発送の決定。
故障品も着払いで送れ。

えっらい迅速。
いったいどういう顧客サービス体制を作ってるんだ。。。
故障で使えず困っていたところだけども、これだけ対応いいと印象悪いわけがない。
すごいよ、amazon。


が、
実は amazon の本当にすごいところはここからだった。

上記電話が終わってから30分ほどしたところで、再度カスタマーから携帯に着信がくる。
ただ、取りそこねちゃって、気づいてから折り返したら「すぐにかけなおします」と、いったん切られてから、着信。
なにかと思ったら、

「お客様のご購入履歴を確認させていただいたところ、paperwhite お買い上げの際に反射防止フィルムもお買い上げいただいてることが分かりましたので、こちらも同梱いたします」

Σ(゚д゚|||)マジスカ!

サポートこまけぇ~。

しばらくしてメールも届く。

Amazon.co.jpにご連絡いただき、ありがとうございます。
 
このたびは、お届けしたKindleに不具合があり、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
 
当サイトで『Kindle Paperwhite』の交換商品をお届けするよう手配いたしました。注文番号は250-5800XXX-086XXXXで、お届け予定日はX月X日です。また、『BUFFALO Kindle Paperwhite専用 気泡が消える 反射防止フィルム BSTPKDT12FT』についても、交換商品を手配いたしました。注文番号は250-5559XXX-365XXXXで、お届け予定日は同じくX月X日です。
 
今回の商品の交換により追加でご請求することは一切ありません。商品を発送しだい、Eメールでご連絡いたします。

そして、予定通りに無事新品の kindle paperwhite が到着。もちろん液晶保護フィルムも一緒に。

DSC_2996

すごいわ、amazon。
自社製品の kindle だけじゃなく、他社製品の液晶フィルムまで無償対応してくれるとは。。。
amazon の野望に「この世のリアル小売店を一掃する」というのがあると噂に聞くけど、このレベルのカスタマーサポートをされてしまうと、一般小売店は太刀打ちできないよね。

comment

2013/10/29 (火)

2013-10-29:PC で kindle コンテンツ読みたくて BlueStacks 入れてみた

手持ちの kindle は PaperWhite だけなので、出先・移動中にライトに読むのはいいけど、技術書系をがっつり読むのはつらい。
仕事場のデスクトップPCでも読めるようにしなきゃな、と思って、Windows7 な PC に BlueStacks を入れてみた。
どういうことかというと、Android 向けの kindle App を Windows PC で使えるように、Android App 動作環境を入れてしまった、というオハナシ。

もともと amazon は Kindle for PC というアプリを公開してくれてるんだけど、

amazon.com での購入しか相手してくれず、amazon.co.jp のお買い物は対象外

なのよね。
なので、こんな手数をかけないといけない。メンドクサイ。。。

とはいっても、環境構築方法についてはすでに分かりやすい記事をアップされている方がおられるので、素直にそれに従って(著者の方、ありがとうございます)。

Windowsで(スマホと同様に)Amazon Kindleの本を読む方法について
http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/bluestacks/bluestacks.htm

一応、BlueStasks 用に新しく gmail アカウントも作りました。

インストール後、BlueStacks を起動して、その中で google play から kindle アプリをインストールし、中の kindle アプリに自分の amazon のアカウント情報を入れる。
無事に自分の購入済み書籍リストが出ました。いぇい。

ただ、画面が小さくて、いまいち見づらい。
ちょろっとググって、レジストリの値を変えればいいと知る。
regedit.exe を起動、変えるキーは

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\BlueStacks\Guest\Android\FrameBuffer\

以下にある HEIGHT と WIDTH。1280×720 だったのを 1600×1000 にしてみた。
ただ、これだけだと、窓だけ大きくなって中身の表示はそのまま。BlueStacks の再起動をしないといけない(窓を閉じるだけでは Android としてはスリープ扱いなのね)。

が、BlueStacks の再起動ってどうやるのーーーー?

と、探すのに10分以上かかってしまった。アプリ内じゃないのね、再起動の指示は。
Windows 自体のタスクトレイの中に BlueStacks のアイコンが出現してて、ここを右クリックすると「再起動」のメニューがあるのでした。
無事に画面も大きくなり、技術書サイズの見開き表示も快適になった。

ちょっとページめくりで表示されるのに時間かかるのが目につくけど、まぁガマンもできる。
カラー表示もされて嬉しい(手持ちの kindle paperwhite はモノクロ表示のみだから)。
というか、自分の書籍もちゃんとカラーでコンテンツ作られてるのだな。まぁ、そりゃそうだろうけど。初めて確認できた。^^;

comment

2012/11/19 (月)

2012-11-19:kindle paperwhite 到着

DSC_2037DSC_2036kindle paperwhite 届いてたよー♪
というわけで早速開けてみる。

自分は kindle3 からの移行だけど、やっぱり画面下のキーボードよりタッチパネルの方がいいね。
ページ送りでのリフレッシュもとくに気にならず。
28日の葵上に備えて、源氏物語を片っ端から入れてみる(青空文庫系の無料コンテンツがいっぱいある。)

comment

2012/11/12 (月)

2012-11-12:Kindle で購読を中止する

定期購読してる Kindle のコンテンツを購読中止する方法。備忘。
amazon.com にアカウントでログインした状態で、以下のリンクから。
http://www.amazon.com/manageyourkindlesubscriptions

comment

2012/11/07 (水)

2012-11-07:Kindle Paperwhite 値下げ発表

先日速攻で予約購入ぽちっとなした kindle paperwhite が値下げするよという昨日の報道。
えー、もう購入しちゃってるよ、と思ってたら、以下のメールが今朝方届いていた。

Subject: Kindle Paperwhiteのご注文(249-2513097-566XXXX)に関するお知らせ
From: “Amazon.co.jp” <cs.no-reply@amazon.co.jp>
Date: Wed, 7 Nov 2012 04:27:40 +0000

先日ご注文いただきました商品『Kindle Paperwhite』の価格の変更についてご連絡いたします。

注文番号: 249-2513097-566XXXX
商品名: Kindle Paperwhite

変更前: 8,480円(税込)
変更後: 7,980円(税込)

これに伴って、お客様のご注文商品の価格も上記に変更させていただきました。

amazon すばらしい!
ありがとう!!!

comment

2012/10/24 (水)

2012-10-24:Kindle Paperwhite 予約購入


というわけで、流れに乗って(?)予約購入をポチッとなしてしまった。
Kindle3 からの移行だ。

.com の方で購入された先人の報告があったので、リンク。読んでる際のインライン辞書閲覧いいね。

早速Kindle PaperWhiteを購入されたいつものお二人による報告
http://togetter.com/li/388267

ちなみに、ちょっと前に買った Kobo はいまだに箱を開けてない。^^;
Kindle Paperwhite 来る前には試してみないとなぁ、でもこのままかなぁ、、、と思っていたら、がぶ速に笑えるエントリが!

Amazon「Kindle」の黒船来航、一方国内では楽天カード会員に楽天「Kobo」が勝手に送りつけられる事案が発生
市況かぶ全力2階建 http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65715653.html

がぶ速のタイトルの付け方はわりと好きだ。
ってか、勝手に Kobo 送りつけられるってどういうことだよっ!!!
ちゃんとお金出して買った人間だっているんだぞ!(箱開けてないけど)

comment

2012/02/17 (金)

2012-02-17:Kindle3 の skin 装着

先日 DecalGirl で注文した kindle3 用のスキンが船便で届いたので、さっそく装着してみる。
Amazon Kindle Keyboard Skins [DecalGirl]

裏面を貼るのはカンタン。
表面はキー部分の穴開き状態でぴったり位置に貼るのは、ちょっと苦労。

マット仕上げにしていたので、触わった感触悪くない。
本体価格は $14.99 で、マット仕上げで +$5.00 に、Shipping で $9.60 の、トータル $29.59 のお値段。
今日から、日々の読書はモナリザの微笑みと一緒です。

comment